そのへんの50代主婦だって「人生はネタだらけ」

国内4大バイクメーカーのイメージをそのへんの主婦ライダーが無責任に語る

バイク
この記事は約12分で読めます。

こんにちは。そのへんの50代主婦ライダーもりこねです。

今回は、日本国内のバイクメーカーである

「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」

各々のイメージについて、かなりの独断と偏見で無責任に語ってみます。

これまでの細いながらも年数だけは長いバイク経験の中から、私が勝手に抱いている「イメージ」をなんとなくな感覚でまとめていきます。

なので、マシンの紹介やメーカー情報、メカ的なことほぼ触れない、上っ面だけうっすい内容になるかもしれません(苦笑)。

「それは違う!」「もっと勉強しろ!!」という思いになる方もいらっしゃるのでしょうが、ただの主婦ライダーの独り言ですので、そこは生あたたかい目で見てやってくださいませ〜。

※ 紹介する順番や掲載している画像については、特に深い意味はありません。「なんとなく」です(笑)。

まずは優等生の「ホンダ」さん

ホンダさんのバイクといえば、性能がよく見た目も万人受けする、まさに「優等生バイク」

「ホンダにしておけばまず間違いない」なんて言葉は、決して大げさではなく真実だと思います。

私が過去に一瞬でも乗ったことがあるホンダのバイクは、3台あります。

教習車である「VFR400」「CB750」、そして、過去に記事にもしましたがファーストバイクの「VT250F」です。

在りし日のVT250F

「VT250F」について語った過去記事です。よろしければ、のぞいてみてくださいね↓

なんといっても「教習車」になるくらいですから、そりゃまあ、実績と信頼は半端ないでしょう。

それに、我々の天敵!(いやいや交通安全の守り神!)である白バイでは、CBが大活躍しています。(ご活躍はほどほどでよろしいですよ、ほどほどで・・・汗)

それでは、私が思うホンダバイクの「ココがいい!」です。

ちなみに、枠の色はホンダのイメージカラーである「赤」です。(赤、ですよね?たぶん)

ホンダのココがいい!
  • 人を選ばず乗りやすいマシンが多い
  • 丈夫で故障が少ない
  • 「バイクが好きだ」のキャッチフレーズが好きだ!(え?そっちへいく?)

次に、個人的にちょっと残念だと思うところも挙げていきます。

ホンダのちょっと残念なところ
  • あまりの乗りやすさに、自分のライディングスキルが上がったと勘違いしてしまう
  • 際立った変態的な個性がないため、人によっては物足りなくなるかも?
  • 「優等生」はあまり好みじゃない(こっちだって好みじゃないわ!と言われそう・・・)

その他、ホンダバイクにまつわるエトセトラ・・・

ホンダと私のエトセトラ
  • 乗ってみたかったマシンは、「XR250BAJA(バハ)」。それに乗ってる友人(女性)は、スタイルがよくてアグレッシブな走りでかっこよかったなぁ・・・
  • 教習所の教官経験のある知人男性は、ホンダバイクのオーナー。その人の後ろについて走ると自分のライテクスキルが上がったように勘違いするほど(笑)、まさしく彼は優等生のホンダの申し子
  • 実は、「カブ主」に憧れている。30年以上前に父親が乗っていたスーパーカブ、その時乗っておけばよかったと激しく後悔している今日この頃

優等生ゆえ、もうこれ以上私などが出る幕はございません。

最後に、ホンダさんの公式ウェブサイトでは、「wingマーク」の由来が掲載されていて、なかなか見ごたえがありましたので、ご覧になっていない方はこの機会にぜひどうぞ。

あの人気TVアニメ「ばくおん!!」では、主人公のCB400SFのオーナー「羽音(はね)」ちゃんの両耳の上につけている「アレ」が、まさに「ソレ」ですよね。(なんのことだか、わかりますよね?)

ホンダのwingマーク

ちなみに私は現在、ホンダのマシンは1台も持っていませんよ。

「ホンダモーターサイクルジャパン」公式ウェブサイト↓

ホンダ・wingマークの変遷(フィロソフィー)↓

お次は感性の「ヤマハ」さん

ヤマハは「感性」で乗るバイクだと、私は勝手に思っています。

現在、「セロー225W」「SR400」に乗っていますが、共通するのは、軽やかに楽しく乗れるということです。

音を奏でながらトコトコ走りができるのがこの2台なので、バイクに乗っているのにゆったりまったり癒しの時間を堪能できるという、なんとも不思議で魅力的なマシンたちなのです。(何度もしつこいですが、あくまで個人の感想です)

あと、個人的にデザイン(見た目)も好みです。

巷では、「芸術のヤマハ」とも言われていますね。

さすがは、楽器のヤマハ

音叉マークのヤマハです↓

マイマシン・SR400のタンクにも音叉マークが

音叉マークについては、こちらも「ばくおん!!」では、セローオーナーが「恩紗(おんさ)」ちゃんという名前でしたね。

上記画像は、マイマシンの「SR400」ですが、これについても過去に記事を挙げていますので、よろしければどうぞ↓

さて、 私が思うヤマハバイクの「ココがいい!」です。

ヤマハのイメージカラーの「ヤマハブルー」です。(枠の色合いがちょっと微妙ですけど・・・)

ヤマハのココがいい!
  • やはりデザインセンスはピカイチ(だと私は思う)
  • 緻密な造りで職人技が光る(特にエンジンまわりとかエキパイとか)
  • 初心者でも玄人でも楽しめるマシンが多い(気がする)

次に、個人的にちょっと残念だと思うところも挙げていきます。

ヤマハのちょっと残念なところ
  • セローさん、やめるやめる詐欺であってほしい・・・
  • SRさん、振動、もう少しなんとかなりませんか(笑)
  • なんとなく、いまだに「軟派」「軽い(チャラい)」というイメージが否めない・・・

その他、ヤマハについてつらつらと・・・

ヤマハと私のエトセトラ
  • 今一番乗りたいバイクは「ツーリングセロー」。これで北海道を走りたい!
  • 20代の頃、1泊2日の「ランツァツアー」に参加し、三好礼子さんと一緒に走ったことは、一生の思い出。
  • 私の青春のすべては「ヤマハ」だった・・・(人の青春などどーでもいい話ですね)

過去には、カワサキの「硬派」に対して「軟派」なヤマハなんてことも言われていましたが、今もそんなイメージがあるのでしょうかね。

ヤマハさんの職人技、公式ウェブサイトでも垣間見ることができます。

「ヤマハ発動機」公式ウェブサイト↓

我が道を行く「スズキ」さん

スズキさんのイメージについて、私が見聞きしていることをどこまで書いちゃっていいのか、今、とても迷っています。

いくら巷で、「変態?のスズキ」とか「スズキン」なんて言われていても、それを私なぞがここにストレートに書いてしまっていいものかどうなのか・・・(書いとるやんけ!)

なんといっても、国内4大メーカーで唯一乗ったことのないのがこのスズキのマシンなものですから、ホンダ、ヤマハとここまで割とスムーズにパソコンのキーボードを打つ手が進んだのに、ここにきてストップしてしまいました。

ぼやいても仕方がないので、知人のスズキオーナーを思い出したり、スズキマシンについて知り得た情報などをフル稼働させて、妄想全開(!)で語ってみます。

ゆえに、誤りや偏りが多いことはご承知おきくださいませ。

まずは、スズキの「ココがいい!」を独自見解。

スズキのイメージカラーの「青」でお届けします。(黄色もそうなのかな?)

スズキのココがいい!
  • スズキ乗りに悪い人はいない(気がする)
  • どれだけ何を言われても(?)、ブレない自分軸を持っている(気がする)
  • なんとなく、リーズナブルな価格のマシンが多い(気がする)

とにかくスズキのことがわからなので、わからないのをいいことに(!)、本当に好き勝手に残念なところを挙げていきます。

スズキのちょっと残念なところ
  • 現時点では、乗りたい(乗りこなせる)マシンがない(あくまで現時点で)
  • 現時点では、惹かれるデザインのマシンがない(あくまで現時点で)

・・・・・・もう、これくらいにしておきます。(スズキ関係者の方、本当にすいません!)

そして、スズキさんとの接点は少ないものの、そのエピソードを挙げていきます。

スズキと私のエトセトラ
  • 実は、「ジェベル」に乗ってみたかった。セロー仲間がある日突然ジェベルに鞍替えし、切ない思いをしたことがトラウマに(笑)。
  • 2019年の東京モーターサイクルショーで見た新型の「カタナ」、シブくてかっこよくていまだに忘れられない。
  • 公務員時代の職場のバイク仲間はなぜかスズキ乗りが多かったが、何か関係があるのかな?
  • スズキといえば「油冷」が代名詞のようだが、そのメリットがいまだによくわかっていない(汗)

スズキのマシンは、価格のわりに丈夫にできていることと、それ故に(?)他のメーカーほどの華やかさはないものの、質実剛健、地味にいいマシンを造っているイメージがあります。

2019年・東京モーターサイクルショーでのカタナ

ちなみに、上記画像↑は2019年の東京モーターサイクルショーでの新型「カタナ」です。

やはり、いいですね!

自分には乗りこなせる自信はありませんが、人気がある理由がわかります。

「ばくおん!!」では、「鈴乃木凛(すずのきりん)」ちゃんGSX400Sカタナに乗ってました。

「キリンは泣かない」なんて名ゼリフも飛び出してましたね。

そして、スズキにとって「ハヤブサ」も決して外してはいけないマシンでしょう。

でも、私はハヤブサのことはまったくわからないので、語ることができないのは残念無念ですが、世界最速レベルのマシンであることくらいは知っていますよ!(どや顔してますが、バイク乗りなら誰でも知っていましたね)

その他に、知人ライダーが「Vストローム」のヘビィユーザーなのですが、とても充実したバイクライフを過ごしているのを聞くと、「やっぱりスズキっていいだな」なんて思います。

そして、私の知る限りでは、スズキ乗りはいい人ばかりなんです、本当に。

おっと!ここまできて気がついたのですが、スズキさんを知らないなりにも、妄想だけでけっこうな文字数を費やしています。

これはもしや・・・なんだかんだいいながらも、スズキバイクが気になっている証拠?!なのかもしれませんね(笑)。

「スズキ」公式ウェブサイト↓

最後は漢(男)「カワサキ」さん

メインマシンが「W650」である現在、私のバイクライフはカワサキさんとともにあります。

なので、カワサキのことを語れるはずなのですが・・・

マイマシン以外はわからないというのが、正直なところなのです。

いや、それさえもわかっていないヘタレオーナーでございます(汗)。

マイマシンのW650

カワサキのことは、以前からカッコよくて速いイメージがあったのですが、それゆえに私には乗りこなせるマシンはないんじゃないかと距離を置いていました。

でも、W650を知って、「もしかしたら乗れるかも!」いう淡い期待をもとに、晴れてダブロクオーナーとなれたのです。

過去に、W650を語る記事を挙げていますので、よろしければどうぞ↓

それでは、カワサキの「ココがいい!」を挙げていきます。

カワサキバイクのイメージカラーは、なんといっても「ライムグリーン」ですね。

カワサキのココがいい!
  • 「漢(男)カワサキ」という名言はどこにも負けないインパクト(ジェンダーバイアス?とかなんとかはこの際置いておきましょう)
  • なにげに人の心を掴む「カッコよさ」「硬派な美学」を持っている
  • 世界最速(2021年時点)の「ニンジャZX-14R」を擁する

そして、私が思うカワサキの残念なところです。

カワサキのちょっと残念なところ
  • オイルが漏れる?とか錆びる?とかで有名
  • ヤンチャで無骨なイメージは、人を選ぶかも?
  • 誰でも乗りこなせるようなマシンは、それほど多くない気がする

最後に、カワサキエピソード

カワサキと私のエトセトラ
  • 「KDX250」を雑誌でみて一目惚れ→中型(普通)二輪免許を取るきっかけに
  • 「W650」を雑誌でみて一目惚れ→SR400があるにもかかわらず買ってしもた!
  • 「女カワサキ」のTシャツが気になって数年・・・いまだに着る勇気がない
  • 「メグロ」も気になっているが・・・あ~ダメだダメだ!物欲モード全開になっとる(笑)

カワサキさんのバイクは、オイルが漏れるだとか錆びるで有名(?)のようですが、W650はホンダのマシン同様に大変な優等生で、これまでトラブルなくきています。

まあ、単に距離を走っていないというのはあるのかもですがね(汗)。

KDXもそうなのですが、「ニンジャ」のライムグリーンは、まさにザ・カワサキです。

「ばくおん!!」「川崎来夢(かわさきらいむ)」先輩が、セーラー服に三つ編みの黒髪、大きなリボンのついたヘルメットで、ニンジャZX-12Rにさっそうと跨り爆走するシーンは、けっこう強烈でした。

しかも、無口(というか一切しゃべらない)で謎だらけ、とっつきにくい雰囲気なのに、それとは裏腹に面倒見がよくてお茶目で気も利くキャラクターは、カワサキ乗りっぽいです(笑)。

そういえば思い出したのですが、私が20代の頃に「ゼファー」が大人気でした。

これに乗ってる男性ライダーは、モテるとか何とか言われてましたけど、はて、真相はいかに???

そして、バイクとは逸れますが、カッコイイ繋がりということで、あのブルーインパルスは川崎重工でしたね。

ブルーインパルスの航空ショー(2019年撮影)

やはり、カッコイイです、カワサキぃ~(彼のオートバイ・彼女の島の原田貴和子さん風♪)

「カワサキモーターサイクル」公式ウェブサイト↓

おわりに:海外メーカーも気にはなるものの・・・

日本国内の4大バイクメーカーのイメージについて、かなりの独断と偏見で無責任に語ってみました。

それぞれが個性に溢れ魅力的であることを、今回記事を書きながらあらためて感じた次第です。

実は、海外メーカーも気になったことはありました。

ハーレーダビットソンやBMW、KTM、ロイヤルエンフィールド、ドゥカティ、トライアンフ、モト・グッツィなどなど、惹かれるメーカーが盛り沢山。

かっこいいバイクが多いですよね。

ただ、日本には日本のならではの良さがあります。

日本人は「ものづくり」が得意で仕事がきめ細やかであること、修理やサービスが行き届いていること、各メーカーの開発秘話などの「物語ストーリー」がより身近に感じられることなどの理由で、私は国内メーカーを選んできました。

メーカーが想いを込めて製造したマシンを、縁あって今手にしています。

そのマシンとともに、これからも楽しいバイクライフを過ごしていきたいです。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました