「キャリアお悩み相談」詳しくはコチラ≫
バイクマイマシン&ツーリング

今年のバイク初乗りはSRとセロー・冷たい風が清々しいのはお正月だから?

バイク
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。寒い日はバイクに乗れないヘタレライダーもりこねです。

今年の正月三が日、関東地方はおかげさまで天候に恵まれました。

ということで、1月3日に2022年の走り初めをいたしましたので、その様子をほんの少しですがお伝えしていきます。

軽快に走ってくれたSRとセローのおかげで、初春の冷たい風を全身に浴びて清々しく心洗われたのでした。

走りはじめる前にバッテリーの取り付け&空気圧チェック

SR400のバッテリーとエアゲージ

今年初乗りするマシンは、SR400とセロ−225W。

オットと途中交代しながら、乗ることにしました。

陽が落ちるのが早いのでさっさと乗りたいところですが、それができるのは二つの仕事をしてからです。

いや、仕事といってもたいしたことではございません。

  • 冬眠中のマシンにバッテリーを取り付けること
  • タイヤの空気圧チェック

バッテリーは大丈夫なのですが、問題は空気圧です。

いやー、けっこう減ってました。(どれだけ乗ってないんや?)

まずは、自転車の空気入れでタイヤに空気を入れてから、エアゲージで空気圧を測って調節します。

我が家で使っているエアゲージはこちら↓で、500円もしない安価なものです。

ちなみに、その時はどれくらいの空気圧にしたのかといますと・・・

SR400→フロントは1.75 、リアは2.0

セロ−225W→フロントは1.25、リアは1.5

・・・だったかなぁと思います。

エンジンの調子はいいようなので、これで出発です。

SR400とセロ−225Wは快調です

SR400

バイクに乗る時にお日様がさしているというのは、本当にありがたい。

特に今の時期は、それをしみじみ感じます。

そして、SRもセローもすこぶる快調で、走っていてとても楽しい気分でした。

途中休憩では、マシンの写真撮影。

撮影した後に気づいたのですが、こんなに空が青かったとは!

冬は空気が澄んでいるので、景色がより美しく輝いてみえます。

それが、冬走りのよさでもあるんですね。

とはいっても、走り出すと冷たい風を感じます。

でも、この冷たい風が逆に清々しく感じたのは、やはりお正月だからでしょうか。

ありがたい風です。

セロ−225W

こちら↑は、セロー225W。

今回は、SRよりもセローの方が乗りやすかった感じですが、やはりどちらもいいバイク。

新年の抱負は、「今年はもう少しバイクに乗る頻度を多くすること」に決まりました。(どんだけ乗ってないんや?)←大事なことなので2回書きました・・・

そしてあの「宗谷岬ライダー」の方々が気になりました

フリー素材・Photo ACより

以前の記事↓で、「宗谷岬ライダー」のことを話題にしました。

極寒の北海道・宗谷岬で年越しをするライダーたちのことについては、年末年始になるとなぜだかいつも気になるのです。

わずかながらでもライダーの血が騒ぐのでしょうか。

それとも、北海道をこよなく愛する一人だからでしょうか。

そんなことを思いながらこたつでグダグダしている時に、速報版として挙がっていたH.T InformationさんのYouTube動画が目に入りました。

寒さは半端なくも、集った方々の熱気は伝わります。

これを見るに、マシンはセローが多いような気がするのですが・・・いかがでしょうかね。

しかし、よくアップする時間があったなぁと驚愕してしまいます。

貴重な体験や情報を挙げてくださり、ありがとうございます!

さらに、Twitterでは道産子バイク女子のマグさんが、セローで宗谷岬に到着したことを知ります。

こんな女性がいるんですね〜、すごいですわ。

私がここにバイクで参加することは生涯おそらくないでしょうが、万が一そのような状況に至った際には、やはりマシンはセロー一択でしょう。

セローならば、なんとかなりそうな気がするのですが・・・あーいやいや、考えただけでも身震いがしますし、私の操縦スキルではまず無理です(苦笑)。

そんなことはいいとして、最近は、道産子バイク女子のマグさんのように、道内ライダーが宗谷岬でカウントダウンするのが流行り(?)のようです。

今年は50人ほどのライダーが年越し宗谷岬に集ったそうですが、いくら道内といえども北海道は広しであり、ここから帰らなければならないわけですので、どうか無事の帰還を遠い空から祈っております。(・・・ていいますか、もうすでに帰宅されているのでしょうけど)

宗谷岬ライダーのことを思えば、今回の初乗りで寒いなんて言ってたら笑われますな。

おわりに

お正月にバイクに乗ることは過去にあまりありませんでしたが、今回は天候に恵まれたことから、珍しく乗る気になっちまいました。

冬はバイクに乗らない(乗れない)私でしたが、天気のいい冬に走ると、空気がピリッとして澄んでいるせいか、清々しい気分になれることに気づいたのです。

先の「新年の抱負」にもあるとおり、今年は季節問わず、もう少しバイクと触れ合ってきたいと思った2022年のお正月でした。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました